無理はしない!中古車購入予算

予算にメンテナンス費用を含めよう

中古車購入で大きなメリットとなるのは、車の価格です。新車と比べ、少ない予算で車を購入出来るのは、とても嬉しいですよね。しかし、中古車購入では、予算を目一杯、車の購入に充てるのではなく、メンテナンス費用として、いくらか残しておくことも欠かせません。購入時点でしっかりと整備された車だったとしても、時間の経過とともに、必要となるメンテナンスや修理の回数は増えていきます。購入時点で新車よりも古いのですから、当然のこととも言えますが、思いのほか、料金が高額になること少なくありません。 特に純正部品の価格や整備費用は、需要と供給のバランスによって変動することも多いので注意が必要です。古いタイプや珍しい車種、外車を購入する際は、メンテナンス費用も含めた上で、購入予算を決めることが大切ですよ。

予算を細かく設定しよう

中古車の購入では、車のグレードを上げたり、オプションを付加したりといったことを勧められることも少なくありません。本来希望していた車を選び、必要なものだけを購入するといった人もいますが、想定していたよりも低価格で車の購入が決まり、予算が余ると、販売員に勧められるまま、予算を使い切ってしまうといった人も多いです。もちろん、本当に欲しいものであったり、役立つものであるなら、購入を考えて良いと思います。しかし、流される形で予算を全て使ってしまうのはあまりに残念ですよね。 そういったことを避けるためにも、予算は細かく決めておくことが欠かせません。購入費用を大まかに設定をするだけでなく、何にどれだけの予算を割くのか、また、予算が余った際の使い道をどうするのか、事前によく検討しておくことが大切ですよ。